1995年, 日本

経済革命倶楽部事件

約350億円を集めた出資詐欺事件

カテゴリー
読み応え
年代
国・地域
update:2017/12/22 19:25:23

経済革命倶楽部事件とは、日本詐欺事件。経済革命倶楽部は Keizai Kakumei Club とも表記され、略称としてKKCとされていたことから、KKC事件とも呼ばれる。「未常識経済理論」なるものを主張し、約1万2000人から約350億円を集めた。

略史

KKCの商法

KKCの商法は多くのコースがあるが、概ね以下のようなものである。

  1. KKCは、健康食品浄水器、「平成小判」(KKCが作ったもの)などの商品を購入するという形式で、会員から出資金を募る。商品はいずれも価格に見合った価値はなく、形式的なもの。
  2. 会員になると、上述の商品を購入するとともに、新たな会員を1人増やすことが義務づけられる。
  3. 数ヶ月後、会員は高額な配当を受け取ることができるとされる。

しかし、KKCには高額な配当を生み出せるような事業の実態はなく、単に新規会員からの金を配当に廻す自転車操業をしていたにすぎない。

無限連鎖講との関係

KKCの商法は、無限連鎖講に類似している。しかし、無限連鎖講の場合「…段階的に二以上の倍率をもつて増加する後続の加入者…」(無限連鎖講の防止に関する法律 第2条)が要件とされているのに対して、KKCの場合「新たな会員を1人増やす」だけなので無限連鎖講には該当しない。このため立件には詐欺罪が適用された。

「競球」

競球とは、出所後の山本一郎が考案したギャンブルである。これを中心としたカジノ事業を起こすとして、高い配当金を謳って出資者を募っている。日本人にとっては山本一郎の名はあまりに有名であるため、山本意致朗と名を改め、在日中国人を中心として出資を集めている。

2015年頃より配当金が滞っており、一部の出資者と裁判で係争中。

2016年7月15日、中国人投資家約100人が東京地裁正門前で抗議デモを行なった。