1828年, イギリス

バークとヘア連続殺人事件

"販売用死体"を仕入れるため繰り返された殺人

カテゴリー
読み応え
年代
国・地域
update:2017/12/22 01:30:00
ウイリアム・バーク(左)とウイリアム・ヘア(右)

バークとヘア連続殺人事件、またはウェストポート連続殺人事件とは、イギリススコットランドエディンバラ1827年から1828年にかけて起こった事件である。

犯人のウイリアム・バークとウイリアム・ヘアは、バークの愛人ヘレン・マクドゥガルとヘアの妻マーガレット・ヘアを共犯者に、16人を殺害しその死体を解剖用にエディンバラ医学校に売った。恐るべきことに、彼らの客は医学校の解剖学医ロバート・ノックスだった。

歴史的背景

1832年以前、イギリスの医学校では解剖学の教育と研究用の死体が不足していた。19世紀になり医学が進歩するにつれ需要は急増した一方、刑死者という合法的な供給は、暗黒時代のいわゆる血の法典改正により、18世紀より減っていた。この”死体不足”の状況に、犯罪者たちが死体泥棒で応え、社会に異様な恐怖と嫌悪感をもたらしていた。

連続殺人

死体泥棒

ロバート・ノックス医師

1827年まで、バークとその情婦ヘレン・マクドゥガルは、ヘアがエディンバラに営む下宿屋に間借りするごく普通の下宿人だった。バークとヘアは以前同じユニオン運河で働いていたが、当時面識があったかは不明である。

ヘアの後の証言によると、最初に売った死体は彼の下宿客で、家賃4ポンドを滞納したまま死んだ、年老いた退役年金受給者だった。2人は1827年11月に棺桶から死体を盗み出し、エディンバラ医学校に7ポンドで売った。これが彼らと、エディンバラきっての解剖学教師ロバート・ノックス博士との出会いとなった。

殺人

バークとヘアの次の被害者は病弱な下宿人、粉引きのジョセフだった。2人は彼にウイスキーをどんどん勧めた後、窒息死させた。他に病気がちな下宿人はいなかったので、町に獲物を探しに行くことに決めた。

1828年2月には年金生活者のアビゲイル・シンプソンを、帰省の前日一晩中飲みに誘い、ジョセフと同じ手口で殺した。死体は新しかったので15ポンド貰えた。

次にバークは娼婦のメリー・パターソンとジャネット・ブラウンを連れ込んだ。しかしブラウンは、バークとマクドゥガルが口論をしているときに席を外す。彼女が戻るとパターソンはバークと一緒に出かけたと告げられた。翌朝、エディンバラ大学で講義を受ける医学生たちの内数人は、解剖される人物を知っていた。おそらくパターソンの世話になったことがあったのだろう。

次の被害者は、バークの知り合いのエフィーという乞食女だった。バークは警察から知り合いであると言って彼女を引き取り、1時間後には医学校に死体が届けられ10ポンドが支払われた。

次の被害者2人は老女と耳が聞こえない少年だった。バークとヘアは少年については口論したが、結局バークが骨の折れる仕事を片付け、それぞれ8ポンドで売り払った。

続く2人はバークの知り合いオストレー夫人とマクドゥガルの親戚アン・マクドゥガルだった。

続いてヘアは老娼婦メリー・ハルダンに接触した。メリーの娘ペギーは、突然行方不明になった母を探したが、結局彼女も母親に続き、医学校の解剖台に横たわることになった。しかしメリー・ハルダンは近所でよく知られていたため、この失踪は人々の注意を引いた。

次の被害者はもっと有名だった。殺害当時18歳の「ダフト・ジャミー(愚かなジャミー)」と呼ばれていた、足が不自由な発達障害の若者だった。彼は抵抗したので2人がかりで殺した。ジャミーの母親は息子の行方を探し始めていた。

翌朝ノックス博士が死体の覆いを取ったとき、何人かの医学生はそれがジャミーだと気付いた。学生に死体を見せた後、ノックスは頭部と足を切断した。ノックスは遺体がジャミーであることを否定したが、顔から解剖を始めなければならないのは明らかであった。

最後の被害者は、マジョリー・キャンベル・ドチャーティ(訳注スコットランドには多い名)だった。バークは自分の母親もドチャーティだといい、下宿屋に誘い込んだ。しかし下宿にはジェイムス・グレイとアンの夫妻が同室していたため、待つ必要があった。その夜グレイ夫妻が出かけた後、近所の住民は争う音を聞いた。

発覚

最後の被害者ドチャーティ殺害現場の想像図(Robert Seymour作)

次の日、アン・グレイは自分のベッドに忘れたストッキングを取りに行こうとしたが、バークに阻まれた。そのためバークに疑いの目を向け、夫妻だけになったその日の午後ベッドを確認しに行くと、ベッドの下にはドチャーティの死体があった。

グレイ夫妻は警察に知らせに向かったが、途中、バークの愛人マクドゥガルに出くわした。彼女は週10ポンドで手を打とうと買収を試みたが、グレイ夫妻に断られた。通報を防げないと悟ったマクドゥガルとマーガレット・ヘアは互いの連れ合いに警告し、バークとヘアは警察が到着する前に死体を運び出し、ノックスに売った。

警察がやってきた時には死体は無くなっていた。しかし職務質問の中で、ドチャーティが帰った時間をバークは午前7時、マクドゥガルは夕刻と主張し、この矛盾から警察は彼らを逮捕した。

その後匿名の情報を受け、警察はノックスの教室へ向かった。ドチャーティの死体を発見し、通報者のジェイムス・グレイが死体をドチャーティ本人と確認した。

マクドゥガルとマーガレット・ヘアもその後すぐに逮捕され、この18ヶ月続いた連続殺人はようやく終わった。

裁判とその後

バークの処刑の様子

2人の犯行の立証には物的証拠が不十分だったため、スコットランド検事総長ウィリアム・レイ卿は、ヘアに、犯行の自白とバークに不利な証言をさせることで、彼に対する訴追を免除した。

ヘアの証言によってバークは1828年12月に死刑となり、絞首刑のあと、被害者たちと同じ運命、すなわち医学生の解剖に供される道を辿った。

死体の購入者ロバート・ノックス医師は、世論を騒がせたにも関わらず死体の出どころについて知り得る立場になかったため訴追されなかった。

バークの愛人ヘレン・マクドゥガルは、殺人への共謀を証明出来ず釈放された自宅へ戻ったが、怒れる群衆にリンチされた。その後イングランドへ逃亡したが、噂は彼女について回った。オーストラリアへ行き1868年に死んだと伝えられる。

ヘアの妻マーガレット・ヘアはリンチから逃げるために、アイルランドへ行ったと伝えられるが、その後については未詳である。

1829年2月ヘアは釈放された。世間の話としてロンドンの路上で盲目の乞食をしていたとか、殴られて石灰鉱山に投げ込まれたなどあるが、どれも確認されたものではない。彼が最後に目撃されたのはイングランドのカーライルだった。

ロバート・ノックス医師は殺人者バークとヘアとのつき合いについて沈黙した。しかし彼に対する生徒の人気は落ちた。エディンバラ医学校の他の部署へ異動しようとしたが、拒否された。ロンドンの癌病院へ移り、1862年に死んだ。

バークの皮膚で作られたカードケース

バークの皮膚はカードケースとして使われ、現在王立エディンバラ外科学校にある。また彼の骨格標本はエディンバラ大学医学校の骨格資料室にある。

政治的影響

この殺人により、医学教育の危機的状況が明らかになったことで、1832年、解剖に関する法律が制定された。この法律によって合法的な医学用死体の供給は増加し、金銭目的での死体泥棒、そして殺人を犯す理由は消えた。

この法律について、最も権威ある医学誌のひとつ『ランセット』の編者は、以下のように述べている。

バークとヘアは、この法案の真の起草者である。この法案は決して議会の慎重かつ堅実な審議によって立案されたのではなく、事件のもたらした懸念により強いられて引き出されたからだ。

行政立法の怠惰により16人の人間が犠牲になる前に(解剖用死体の需給に絡んで起こる)この懸念が明らかにされ法令が整備されていればよかったのだが。

この最悪の結果が起こり得るのは、解剖学者と死体盗掘人の間で行なわれる不正取引から誰でも予見し得たが、政府はそれを長らく放置してきた。政府は過去のその無知と寛容により育てられたこの犯罪に対し相応の重い責任がある。

大衆文化への影響

この衝撃的な事件は、長い間大衆文化に影響を及ぼしている。

2人組の名前は、親が手に負えない子どもをしつけるため(ブギーマンのように)「バークとヘアがやってくる」と脅しに使われた。また次のように縄跳び歌(あるいは石蹴り歌)として時代を超えて歌いつがれている。

バークは肉屋で
ヘアは盗っ人
ノックスは坊っちゃま、肉買った。

ラドヤード・キップリングの『少年キム』で、登場人物のバブは有名な作家としてバークとヘアをあげている。恐らくこれは、歴史家で議員のエドマンド・バークと、旅行記作家のオーガスタス・ヘアを指しているのだが、この二つの名前が並べば、読者は当然2人のグールを想像する。

この事件は1948年に『バークとヘアの犯罪』( Crimes of Burke and Hare )として映画化されたが、全英映画検閲機構はこの歴史的事件の映画化があまりにも穏やかでないと考え、バークとヘアの名を消すように要求した。そのためバークの名は ハート(Hart) に、ヘアは ムーア(Moore) に、そしてノックス医師はコックス医師 (Dr. Cox)と書き換えられアフレコし直した。タイトルも『強欲ウイリアム・ハート』( The Greed of William Hart )と改めて公開された。しかし、読唇術の心得のあるものには元の台詞は明らかであった。

1972年にはデレン・ネスヴィットがバークを演ずる『バークとヘア』( Burke and Hare ) が製作された。1960年の映画『死体解剖記』(The Flesh and the Fiends)もピーター・カッシングがノックス、ドナルド・プレザンスがヘアと実名を使っている。翌1961年のアラステア・シムがノックス医師を演じた『解剖屋』(The Anatomist) でもバークとヘアの名前を使っている。バークとヘアはハマーホラーの1971年作品『ジキル博士とハイド嬢』(Dr Jekyll & Sister Hyde) にも登場している。

1985年にはフレディ・フランシス監督が『贖われた7ポンドの死体』(The Doctor and the Devils )と題してこの事件を映画化している。ディラン・トマスの戯曲にもとづく本作では、ノックス医師はロック医師として登場、バークとヘアの名も変えられている。

エディンバラが拠点のオージーフットボールクラブ「ボディ・スナッチャーズ」のチーム名はバークとヘアのパロディーである。

Thief 2の熱狂的なファンが作ったファン・ミッション「セブン・シスターズ」にはノックス博士と2人の殺人鬼が登場する。このミッションをプレイする為にはゲーム本体のCDの他にファン・ミッション拡張プログラムDarkloaderの最新版が必要である。

スコットランドの作家イアン・ランキンはジョン・リーバス警部シリーズの『滝』(The Falls) でこの事件について記述している。

コリン・ベイカー、レスリー・フィリップス、デヴィッド・テナントらが出演するドクター・フーオーディオドラマ版『医学の目的』(Medicinal Purposes) の本筋はこの連続殺人、特にメアリー・パターソンとダフト・ジャミーの事件に基づいている。

ワーナー・ブラザースの、ダフィ・ダック主演の短編作品「私の小さなデュケーロ」ではナスティ・カナスタがバークとヘアの著書『墓掘り人足の冗談の本』を読んでいる。