1965年, アメリカ合衆国・ニューヨーク

1965年北アメリカ大停電

ニューヨークを含んだ1960年台の大停電

カテゴリー
読み応え
年代
update:2018/10/19 14:29:52
停電した地域

1965年北アメリカ大停電(Northeast Blackout of 1965)は、1965年11月9日アメリカカナダで発生した大停電

ニューヨークを中心に被害が大きかったことから、1965年ニューヨーク大停電などともよばれる。停電により、2500万人と207,000 km²の地域で12時間、電気が供給されない状態となった。

停電にあった地域

原因

原因は、カナダオンタリオ州ナイアガラ地域にある発電所から起こった。

11月で、カナダやアメリカ北部はすっかり冬の寒さに包まれていたため、暖房などの使用率が大幅に上がった。その上、ナイアガラ地域の発電所のシステムの構築状態に不具合があった為、ナイアガラの発電所から供給される電力は停止し、一気にカナダ、アメリカ北部が停電となってしまった。

こうした停電は電力受給バランスの内、供給に対する需要過剰によるもので、オーバーロードともいう。停電したのは、ナイアガラの発電所から南方へ向かう電線だけだったため、アメリカのメイン州は停電を免れた。現在でも、報告書は出来ているものの、多くの説が唱えられている。

UFOの目撃

停電時に白く光るUFOが送電線上で多く目撃されたと言う。

ベビーブームに関する神話

この停電の後、ニューヨークでの出生率が大幅に上がったことにある医者が気づき、そのことが新聞ニューヨーク・タイムズで取り上げられた。だが後の調査で、停電時に出生率が上がったとする有意差は見出だせないという結果が出ている。

しかし大規模停電時に出生率が上がる現象は他にも見出され、1977年にニューヨークで停電が発生したとき、2001年アメリカ同時多発テロが発生したとき、2005年ハリケーンカトリーナニューオリンズに襲来したときなど、他にも様々な災害の襲来のときに出生率が上がり、ベビーブームとなっている。いずれも、数ヶ月で出生率は正常に戻っている。