1772年, 日本

明和の大火

2万人近くと江戸の町を焼いた大火

カテゴリー
読み応え
年代
国・地域
update:2017/12/19 02:42:06

明和の大火とは、江戸時代に江戸で発生した大火災である。

概要

明和の大火は、明和9年2月29日1772年4月1日)に、江戸で発生した大火である。明暦の大火文化の大火と共に江戸三大大火の一つといわれる。目黒行人坂(現在の東京都目黒区下目黒一丁目付近)から出火したため、目黒行人坂大火とも呼ばれる。

火元

現在の大円寺の石仏群

「明暦3年、明和9年、文化3年各出火記録控」によると、出火元は目黒の大円寺。出火原因は、武州熊谷無宿の真秀という坊主による放火である。真秀は火付盗賊改長官である長谷川宣雄長谷川宣以の父親)の配下によって明和9年(1772年)4月頃に捕縛され、同年6月21日1772年7月21日)に市中引き回しの上、小塚原火刑に処された。

放火された側ではあるが大円寺も責任を問われ、江戸幕府から再建の許可が得られなかった。大円寺は江戸時代後期の1848年(嘉永元年)になって薩摩藩主島津斉興の帰依を得て、その菩提寺としてようやく再建された。

被害

2月29日4月1日)13時頃に目黒の大円寺から出火した炎は南西からの風にあおられ、麻布京橋日本橋を襲い、江戸城下の武家屋敷を焼き尽くし、神田千住方面まで燃え広がった。

一旦は小塚原付近で鎮火したものの、18時頃に本郷から再出火。駒込根岸を焼いた。30日4月2日)の昼頃には鎮火したかに見えたが、3月1日4月3日)の10時頃馬喰町付近からまたもや再出火、東に燃え広がって日本橋地区は壊滅した。

類焼した町は934、大名屋敷は169、橋は170、寺は382を数えた。山王神社神田明神湯島天神浅草本願寺湯島聖堂も被災した。

死者は1万4700人、行方不明者は4000人を超えた。老中になったばかりの田沼意次の屋敷も類焼した。